ブーム到来中古住宅のメリット

近年マイフォーム購入を考える際、そのメリットの多さから中古住宅という選択肢を選ぶ方が増えています。

全国に優良な中古住宅が数多くあることや近年のリフォームブーム、またリフォーム技術の向上など様々なメリットがあげられます。


金銭面でも、国土交通省の調査によると新築での住宅購入に比べ中古住宅であれば総費用で一千万以上お徳に購入できるというデータがあります。
経済的に広々とした新築住宅を購入することは難しいけれど築年数の古い大きな家を中古で購入し、自分たちの希望通りにリフォームする事なら可能という家族も多いと考えられます。

ゆとりのあるつくりの住宅は子育て世代にとっては魅力ある住宅と言えるでしょう。
最近では物件購入とリフォームを一緒にサービス提供してくれる会社もあり、物件探しとリフォーム会社選び両方に時間がかからずにすむ選択肢も出てきています。

その際、物件価格とリフォーム価格を一緒にローンを組むことも可能な場合があり、できるだけローンの返済額を抑えたい方やできるだけ手続きの手間を省きたい方に非常に人気があります。

アンティークブームなどで古いものの中に魅力を感じる人も増えており、自分好みの中古住宅探しをする人も増えています。そういう人にとってはよりメリットを感じる時代と言えるでしょう。
天災などが続き、住宅の耐震性などが懸念される中、耐震性リフォームの技術の進歩もあり中古住宅でも安心して住むことができるようになった点も人気に火をつけた要因と言えるでしょう。

















関連リンク

  • 住宅戸数は少子高齢化と人口減少によって余剰状態にあり、その数は840万戸とも言われています。デフレからの脱却を目指していますが円安傾向は続き、会社での給料は増えない一方で物価は上昇傾向にあり、住宅を手に入れるのも中々難しい状況にあります。...

  • 住宅不動産の購入資金には、限界があります。限られた予算で住宅を購入する場合、中古住宅を選ぶ判断ができます。...