中古住宅のデメリットについても知っておく

価格面での優位性や立地の選択肢が多いといった点が中古住宅のメリットですが、一方でデメリットとなる点も存在します。
住宅選びで失敗しないためにも、中古住宅のデメリットは必ず知っておきたい事となります。


中古住宅のデメリットとしてまず挙げられるのが、築年数次第では物件に汚れや傷みといったものが目立つ事も多く、その修繕が必要となる点です。



このため住宅購入後は小規模な修繕から場合によっては住宅設備の更新も考えたリフォームやリノベーションといった、規模の大きな改装を行うケースもよくあります。


しかしこのデメリットはメリットとして捉えることもできます。


築年数が古い住宅でも、リフォーム等によって新築よりも安い費用で理想の住宅を手に入れることができるという考えです。



また築年数については更に耐震性に関する懸念があります。



建築基準法施行令の改正が行われた1981年以降の建物は、いわゆる「新耐震基準」適合の建物として地震に対しても一定基準以上の強さを誇りますが、それ以前の「旧耐震基準」の建物は耐震性について不安が残ります。



そのため地震の多い地域での住宅購入では、築年数についても注意を払った方が無難です。



また住宅ローンが新築住宅よりも組みにくい、という点も考慮しておくべきです。



新築に比べると中古の場合は審査が厳しく、組める場合でも返済期間が短めになることが多く、その分毎月の返済額が負担になりやすいため注意が必要となります。

年収や貯金などに見合った物件かどうかをしっかりと見極めて購入することが求められます。


中古住宅にはこのようにメリットだけでなく、デメリットも存在します。



これらを押さえた上で物件選びを慎重に進めることが、理想の住宅を手に入れるための重要なポイントとなります。



関連リンク

  • 価格面での優位性や立地の選択肢が多いといった点が中古住宅のメリットですが、一方でデメリットとなる点も存在します。住宅選びで失敗しないためにも、中古住宅のデメリットは必ず知っておきたい事となります。...

  • 住宅ローンは以前までなら、最長でも35年でしたが、最近では50年も組めるようになりました。それほど長い返済期間があるのが住宅ローンですが、「FPライフサポート」に相談をしたら、返済期間を短くしたり返済負担を軽くできるように色々とアドバイスをしてくれます。...