中古住宅のメリットとはどういうところにあるのか

中古住宅を購入する場合、新築当時と機能は変わらなくて相当価格が下がった状態で購入できるという点は大きいメリットとなります。



新築時点では不動産取得税や毎年かかってくる固定資産税税も評価額が下がっているために安くなる可能性が高いものです。



中古住宅を購入して、もし機能性が現状に合わない場合には借家や賃貸の場合には無理ですが好きなようにリフォームできるというメリットがあります。
完成した姿を図面からイメージし難い場合には、間取りや実際の外観、色などから選べるということがあります。



新築住宅の場合にはモデルルームなどで決める場合が多くその近くに住む住人がどういう年齢層の人が多いか、どういう行動傾向があるのかを掴むことができませんが、中古住宅の場合には数回に分けてその地を訪れ、それらの内容を確認することができるというメリットがあります。


新築住宅では工事に取り掛かってから最低でも4ヶ月以上かかる場合が多いものです。



この間は荷物をどこかで預かってもらったり別のところで寝泊まりする必要もあります。



そして完成したら引っ越し作業を行わなければならないものです。



中古住宅の場合には即入居できる場合が多いものです。新築ではないために子供が住みつくにもある程度気を遣わずに自由奔放に生活できることになります。



中古住宅は安く購入できるものですから、余った予算は他の必要なことに使ったり、リフォームの方に回すことも可能です。



関連リンク

  • 価格面での優位性や立地の選択肢が多いといった点が中古住宅のメリットですが、一方でデメリットとなる点も存在します。住宅選びで失敗しないためにも、中古住宅のデメリットは必ず知っておきたい事となります。...

  • 住宅に関して、特に新しいことに強い意欲がないのであれば、中古も検討したほうがよいです。中古住宅とは実は何かとメリットがあります。...