中古住宅のメリットを理解して選択の幅を広げよう

中古住宅を購入するメリットは、一戸建てであってもマンションであっても価格が新築よりも安いということが第一の利点だと言えるでしょう。

不動産の価格は新築で販売される時がピークとなり、その後徐々に価格が下落していくことが一般的です。
稀に駅直結のマンションなどの場合、価格が見直されて値上がりするケースがありますが、基本的には値段は安くなると認識しておきましょう。

また、中古住宅と言えども、築25年を超えていない物件の場合は、新築と同様に住宅ローン控除という減税制度を利用することができますので、購入時に制度を活用して有利な返済ができるというメリットもあります。
また、マンションの場合は、新築分譲マンションを購入する際にモデルルームでしか内容を確認できずに売買契約をかわすことが一般的ですが、中古マンションを購入する際は実物件を確認してしっかり吟味できるという点もメリットだと言えるでしょう。

さらに、マンションの場合は管理品質が良い物件を選ぶことが重要であるため、管理の状態についても調べたり、確認したりできますので、新築分譲マンションほどのリスクを抱えなくても済むということも大きなメリットになります。

このように、中古住宅には価格が安いという点や、仕様の確認が現物でできるという点で新築住宅よりもメリットがあり、さらにリフォームなどを実施すれば、新築住宅と同様の仕様で生活できるという可能性も含まれています。

















関連リンク

  • 中古住宅のメリットには実際に建っている状態を確認出来る・新築と比較して値段が安いなどが挙げられます。ではデメリットは何が考えられるでしょうか?中古住宅は築年数が経過しているケースが多く、建物をチェック出来る利点がある反面構造や中身などを完全に確認出来ない事が挙げられます。...

  • 中古住宅を購入するメリットは、一戸建てであってもマンションであっても価格が新築よりも安いということが第一の利点だと言えるでしょう。不動産の価格は新築で販売される時がピークとなり、その後徐々に価格が下落していくことが一般的です。...