中古住宅のデメリットとは

住宅戸数は少子高齢化と人口減少によって余剰状態にあり、その数は840万戸とも言われています。

デフレからの脱却を目指していますが円安傾向は続き、会社での給料は増えない一方で物価は上昇傾向にあり、住宅を手に入れるのも中々難しい状況にあります。

そんな中で数年前から中古住宅の売れ行きが増加を見せています。

そしてこれを自分たちのライフスタイルに合わせてリフォームを行う例も多いとされています。

中古住宅の購入というと何よりも安く購入できるのが魅力です。中古住宅購入でのデメリットはどういうところにあるのでしょうか。

住宅は築年数とともに劣化して行くものです。

そして新築の時には完了検査があったり施工会社の自主検査も行われている場合が多いものですが、古くて建売住宅などの場合には目に見えない部分など分らない部分も多くあって瑕疵がないとも言い切れないものです。古い住宅は耐震性に問題がないか心配な場合があります。

これは耐震診断を行わないと耐震壁の量は縦横方向どちらか一方に補強することが必要な場合もあります。
もし補強が必要な場合にはその分改修費用も発生します。

設備機器や配管類は傷みやすい部分でもあり、取り換えが必要である場合があり、第三者機関に検査を依頼した方が良い場合もあります。

新築の時には保証や保険、アフターケアなどもあったかもしれませんが、中古住宅ではそれらが期待できないケースがほとんどと思われますので、余分に改修費用が必要となった場合はデメリットになります。購入時点でよく必要事項をチェックすることでデメリットも発見できて対策も立てやすいものです。

不動産 藤沢の情報が揃っています。



あなたにオススメの神戸 新築は絶大な支持を受けています。

神戸 中古が広く知れ渡ってきました。

練馬区 新築一戸建てについて詳しく書かれています。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12138440207

http://www.sankei.com/economy/news/160601/prl1606010026-n1.html

http://okwave.jp/qa/q6891153.html

関連リンク

  • FPライフサポートとは、人生のうちの大きな出来事の1つである住宅購入を、具体的に考えた時に、家計の収支バランスが持ちこたえられるように、助言ができるサービスをしている企業です。FPライフサポートのFPとは、ファイナンシャルプランのことで、家計の計画を立てていくことを意味しています。...

  • 中古住宅を購入する際に注意するデメリットに関しては、やはり高額な買い物としては新築に比べると安くはなりますが、時間が経過すればそれだけ建物の中身は劣化する事も考えられます。中古の物件の購入によって給湯器を直ぐに交換したり、配管などやり変えたりするなどデメリットと呼べる部分も中古住宅を取得する上である様です。...