中古住宅のデメリットとは何か

中古住宅のメリットには実際に建っている状態を確認出来る・新築と比較して値段が安いなどが挙げられます。
ではデメリットは何が考えられるでしょうか?中古住宅は築年数が経過しているケースが多く、建物をチェック出来る利点がある反面構造や中身などを完全に確認出来ない事が挙げられます。例えば雨漏りや外壁の隙間など素人が見ただけで判断出来ないケースです。
リフォームを行うタイミングも購入前に不動産業者が済ませている場合がありますが、湿気の溜まりやすさやシロアリなど構造をチェック出来るタイミングを失ってしまいます。

またリフォームすれば住めると思って購入後にリフォームしたら柱と土台が繋がっていなかったなど費用が必要以上に嵩む場合もあります。
そこで問題は「中古住宅だから」とデメリットも受け入れてしまう点です。万が一建物に買主も知らない瑕疵が見つかった場合に法的には買主が瑕疵を見つけて1年以内に売主に申し出れば、10年後だろうと契約を解除出来て購入代金も戻ってきます。


中古住宅でも本来は保証されていますが、中古であるデメリットとバランスを考えて契約書には瑕疵担保責任は購入から2〜3か月程度を限度にすると明記されている場合が多々あります。ですから売買契約書はよく読んで全て理解した上で判を押さないと後で問題が起こった時に不利になるのは買主です。

売主が瑕疵担保責任について主張するなら、住宅診断で瑕疵がないか予めチェックしておくと良いですね。

板橋区 一戸建て関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

明石 新築はとっても評判が良くて有名です。



不動産査定 神奈川に関する疑問にお答えします。

練馬区 新築一戸建ての最新情報を見つけよう。

http://okwave.jp/qa/q2094847.html

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n221818

http://okwave.jp/qa/q5776926.html

関連リンク

  • 中古住宅を購入する際に注意するデメリットに関しては、やはり高額な買い物としては新築に比べると安くはなりますが、時間が経過すればそれだけ建物の中身は劣化する事も考えられます。中古の物件の購入によって給湯器を直ぐに交換したり、配管などやり変えたりするなどデメリットと呼べる部分も中古住宅を取得する上である様です。...

  • 価格面での優位性や立地の選択肢が多いといった点が中古住宅のメリットですが、一方でデメリットとなる点も存在します。住宅選びで失敗しないためにも、中古住宅のデメリットは必ず知っておきたい事となります。...