中古住宅の劣化のデメリット部分

住宅不動産の購入資金には、限界があります。

限られた予算で住宅を購入する場合、中古住宅を選ぶ判断ができます。

新築よりも販売価格が安いため、もっとグレードの高い住宅を狙うのも可能です。中古の住宅のおかげで、住宅の選択肢が広がります。
ただし、中古住宅を選ぶ際には、そのデメリットの面も把握する必要があります。

中古の住宅物件は、老朽化が進んでいます。

新築の頃には十分な耐久性があった住宅も、長い年月と共に各所に傷みが表れます。


そのため、修繕費用にコストがかかる点を忘れてはいけません。内部の配管などが傷んでいる場合には、新たに修復が必要です。

また住宅の外壁も、経年劣化により痛みやすい部分です。


外壁の塗装が剥がれてしまうと、住宅の壁は急速に傷み始めます。
そのため、塗装の剥がれや色あせが目立ってきたなら、外壁塗装のリフォームが必要です。このような住宅劣化に伴うデメリットを考慮すると、中古住宅を選ぶ際には、どの程度の劣化が進んでいるのか判断が大切であるのが分かります。住宅購入前に、劣化しやすいポイントはきちんと観察すべきです。


まずは外観から、住宅外壁の塗装に傷みはないかどうか、確認を要します。

またできれば、配管もチェックしておくのが安心です。

住宅内の設備もチェックし、老朽化が進んでいないかどうかの判断が大切です。きちんとデメリットを把握した上で選んだ中古住宅は、安い価格でかつ住まいとして十分な価値があります。



不動産 売りたいの最新情報が揃っています。





ペット可 目黒区情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

http://jp.reuters.com/article/residential-sales-idJPKCN0ZU09P

http://next.rikunabi.com/journal/category/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9?page=1479715200

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201610/CK2016100602000213.html

関連リンク

  • 住宅ローンは以前までなら、最長でも35年でしたが、最近では50年も組めるようになりました。それほど長い返済期間があるのが住宅ローンですが、「FPライフサポート」に相談をしたら、返済期間を短くしたり返済負担を軽くできるように色々とアドバイスをしてくれます。...

  • 中古住宅を購入する際に注意するデメリットに関しては、やはり高額な買い物としては新築に比べると安くはなりますが、時間が経過すればそれだけ建物の中身は劣化する事も考えられます。中古の物件の購入によって給湯器を直ぐに交換したり、配管などやり変えたりするなどデメリットと呼べる部分も中古住宅を取得する上である様です。...